トップページ >> JSCEとは?

JSCE(日本比較内分泌学会)とは?

2017年2月14日現在の会員数は470名。生物学・農学・医学・薬学など幅広い分野から会員が参加しています。

日本比較内分泌学会について

 日本比較内分泌学会は、1961年に神奈川県大磯において開催された第3回国際比較内分泌学シンポジウムを契機として、わが国にも生物学的観点を主体とした基礎的な内分泌学の発展を図るため学会を設けるべきであるという内外の要請を受けて、101名の発起人のもと1975年に設立された。

日本比較内分泌学会

 当時東京大学理学部附属臨海実験所教授であった小林英司初代会長は、会員間の情報交換の場として発刊された「日本比較内分泌学会ニュース」の第1号の巻頭言で、「ある現象について、異なった動物群の動物を比較検討し、その現象に対して一般性のある説明原理を得ようとするような学問を比較内分泌学という場合が多い。この考えは間違いではない。ただ、留意すべきことは、この場合、ある事柄を種々の動物で単純に比較しているのではなく、動物の進化の説を基盤として比較しているのであって、その行為自体が一つの思想を内容として持っていることである。たとえば、鳥類と爬虫類とを比較することと、月とスッポンを比較することは、同じ比較といっても内容的には全く異なっているのである。比較内分泌学では進化の説を基盤としていると述べたが、このことは研究者が動物を比較できることの保証となっているのである。その理由は、現在の鳥類と爬虫類とは共通の祖先型から出発して変遷してきたもの、還元すれば同一の母集団から出発してきたものと考えられるからである。」と述べ、比較内分泌学の定義を試みている。

日本比較内分泌学会

 日本比較内分泌学会は大会とシンポジウムを毎年開催しており、2017年度には42回を数える。また、1987年の第1回アジア・オセアニア比較内分泌学会議(名古屋)、1997年の第13回国際比較内分泌学会議(横浜)をはじめとして多数の国際学会とシンポジウムを主催している。

 学会としてのジャーナルを持たないが、1996年よりAcademic Press社から刊行されているGeneral and Comparative Endocrinologyを提携誌としている。また、日本比較内分泌学会編集による「ホルモンの生物科学」(全10巻、学会出版センター)、 「ホルモンの分子生物学」(全8巻、学会出版センター)、 「ホルモン実験ハンドブック」(全3巻、学会出版センター)、 「内分泌器官のアトラス」(講談社)、 「ホルモンハンドブック」(南江堂)、 「からだの中からストレスをみる」(学会出版センター)、 「生命をあやつるホルモン」(学会出版センター)、 「Handbook of Hormones - Comparative Endocrinology for Basic and Clinical Research -」(Elsevier)、 「ホルモンから見た生命現象と進化」(全7巻、裳華房)などを発刊している。学会の他の刊行物として、季刊の「日本比較内分泌学会ニュース」(2008年より 「比較内分泌学」)がある。

 2017年2月14日現在の会員数は470名で、生物学・農学・医学・薬学など幅広い分野から会員が参加している。年会費は一般会員5,000円、学生会員3,000円、賛助会員50,000円である。

会長挨拶:比較内分泌学の発展をめざして

                    第19期会長 高橋明義(北里大学 海洋生命科学部)

 昨年の選挙により日本比較内分泌学会会長に選出され、竹井祥郎前会長の後を引き継ぐことになりました。故小林英司初代会長以来、名立たる研究者が会長職を務められてきたなかで、身が引き締まる思いでございます。第19期役員の皆様と力を合わせて本学会(以下、日比内」)の発展に全力を尽くしてまいりますので、会員の皆様にはご理解ご賛同を賜りますようお願い申し上げます。

 本学会の発展が、ひとえに会員の皆様それぞれのご活躍のもとに成り立つことは論を俟ちません。さまざまな生き物を対象として、さまざまな手法で研究をしている会員が交流し、内分泌現象を軸に進化の視点から生命現象の解明に取り組むところに、日比内の特徴があります。会員の皆様がより活躍でき、そして満足感を得ることができるように、日比内のあり方を常に追求してまいります。

 学会に参加する会員は将来に役立つ何かを求めていることでしょう。望む何かが発案され、企画として具体化し、有志の手によって実現していく。日比内はその場と人材を提供する。そしてその成果がポジティブにフィードバックされて、研究の発展、関連分野への波及、ひいては日比内の発展につながることを願って、これから2年の任期を務めてまいります。

 以下の5項目―「会員のための学会」「日比内の日常化」「企画の充実による日常化」「日常の延長である非日常としての国際学会」「挑戦ならびに看板としての学会賞」―に託した所信を、比較内分泌学160号に記してあります。冊子体と電子版の両方でご覧いただくことができます。ご一読の上、ご意見を下さいますようお願い申し上げます。

関連学会・研究室紹介

日本比較内分泌学会と関連する研究室や学会・機関などのWebサイトへのリンク

関連サイト

※別ウィンドウで開きます

(c) Copyright JSCE - 日本比較内分泌学会